迷惑電話お断りサービスとは

電話による詐欺や悪徳商法の勧誘など、さまざまなトラブルが起こっています。
そんなトラブルに巻き込まれないようにするために、迷惑電話をシャットアウト出来たら良いと思いませんか?
迷惑電話をシャットアウトするのに有効的なのが、迷惑電話お断りサービスです。
迷惑電話お断りサービスでは、繰り返しかかってくる同じ電話番号を迷惑電話として登録をし、登録後は着信があっても音声ガイダンスで案内をして電話に出て話をする必要がなくなります。

迷惑電話お断りサービスの利用方法

迷惑電話お断りサービスを利用して特定の電話番号を迷惑番号に登録する方法を説明していきます。
迷惑電話に登録したい電話番号から着信があったとき、電話を一旦切って、144をダイヤルします。
その後は、音声ガイダンスに従って2をダイヤルすれば、先ほどかかってきた電話番号が迷惑電話として登録をされます。
迷惑電話として登録を行った後は、同じ電話番号から着信があると、音声ガイダンスにて以下のような案内があります。
「こちらは○○○です。この電話はお受け出来ません。ご了承下さい。」という音声ガイダンスが自動的に流れます。
電話に出る必要はありませんので、迷惑電話によるトラブルを防ぐことが出来るでしょう。
また、電話番号登録をしている迷惑電話からの着信時は、着信音が鳴らないようになっていますので、着信音がうるさいといったこともありません。

 

もし、登録をしている電話番号全てを迷惑電話から解除したい場合は、144をダイヤルし、音声ガイダンスに従って9をダイヤルします。
これで迷惑電話の登録解除は完了です。
最後に登録を行った迷惑電話の電話番号を迷惑電話から解除したい場合は、144をダイヤルし、音声ガイダンスに従って3をダイヤルします。
また、登録をしている迷惑電話から着信があった回数を知りたいという場合は、144をダイヤルし、音声ガイダンスに従って4をダイヤルします。
これで迷惑電話からどれくらい着信が入っているかを知ることが出来ます。
関連リンク:「144」とは

 

スポンサーリンク