184(非通知)186(通知)とは? | わかりやすい「スマホ」「iPhone」「携帯」情報

184(非通知)186(通知)とは? | わかりやすい「スマホ」「iPhone」「携帯」情報

電話番号の最初に「184」「186」をつける事に関して詳しくて、わかりやすく説明します。184(電話番号非通知)をつけて電話をするメリット、デメリットは?184を上手に使う方法、184について【Q&A】を公開いたしました。

電話番号の先頭に184を付けるとどうなる?

電話番号の先頭に184を付けて電話をかけると、電話をかけた相手のディスプレイに『非通知』と表示させて、こちら側の電話番号を「通知しません」
※iPhone、スマホ、ガラケー、固定電話の全ての電話機共通で184を電話番号の先頭に付けて電話をかけると『非通知』と表示させることが可能です。

 

「iPhone」 「スマホ」 「フィーチャーフォン」 「ガラケー」の違いについて、わからない方はこちらをお読みください。

184をつけて電話をするメリット、デメリットは?

メリット 相手にこちら側の電話番号を非通知(通知しない)でかけることができる。
デメリット

友達、家族、恋人、など安心できる相手からの電話だった場合でも、相手に「非通知」と表示させて電話をかけることで、誰からかけてきたのか、わからなくしてしまいます。
また、相手側の電話機の設定で、非通知拒否をしてあると電話をかけることができません。

スポンサーリンク

184を上手に使う方法

  • 184を付けて電話をかける場合は、まずこちら側から喋らない。
  • 相手がなにをしゃべるか聞いてから判断できる。

184を上手に使う方法でわかること

  • 相手が会社名、店舗名、名前などを名乗った時に誰から電話がかかってきたのか判断できる。
  • 相手も無言でこちらの様子を伺うようなら、一方的に電話を切っても構わないと思います。


    【注意】
    相手も誰からかかってきたか、わからない為に無言で様子を伺っている可能性もありますので、すべて怪しい人からの電話とは限らないです。判断の難しいところですね。

184について【Q&A】

【Q】 電話番号の先頭に184をつけて電話をかけたときに、相手の電話機が非通知拒否設定をしていたらどうなる?※非通知を受け付けない設定
【A】 相手が非通知拒否設定をしてい場合、こちら側から電話をかけることができません。
【Q】 相手が非通知拒否設定にしているか確かめる方法はないの?
【A】

相手が非通知拒否設定をしていた場合、確かめる方法は2パターンあります。
@ツーツーツーっと鳴って電話が繋がりません。
A「最初に186を入力して発信するなど電話番号を通知しておかけ直し下さい。」とガイダンスが流れる。(お使いの携帯電話によってガイダンスが違うことがあります。)
※非通知拒否をしている相手には、非通知から着信があったことが着信履歴に残ります。誰から電話が掛かってきたかは調べれませんので、ご安心ください。

電話番号の先頭に186を付けるとどうなる?

電話番号の先頭に186を付けて電話をかけると、電話をかけた相手のディスプレイ(画面)に電話番号を「通知します」

186を付けなくても電話番号は通知されるよね?

一般的には186を付けなくても電話番号は表示されます。

ですが、「発信者通知サービス」とゆうものに登録していると、強制的に非通知で電話をかける設定になります。
「発信者通知サービスに登録している方が、相手に電話番号を通知させたい場合に186が必要となってくるのです。

強制的に非通知にされている方は少ないので、186の機能を不思議に思う方が多いのです。

「184」「186」の電話料金は有料?無料?

  • 184・186については、発信者番号を通知するか、非通知にするかというだけで、それに電話料金がかかっているわけではありません。
  • 184・186どちらの場合でも、所定の電話料金は発生します。
  • 184・186のどちらを利用するかによって、電話料金が変わるということはありません。
  • 固定電話、スマホにかかわらず同じです。
  • iPhoneなどの機種の種類、au、docomo、Softbankなどのキャリアによる違いもありません。

「184」「186」は有料・無料の補足

例えば184の後に110や119に電話をした場合は無料です。
184の後に固定電話や携帯電話に電話をする場合は有料となります。

110・119の警察や消防に184を付けても特定される

110や119の警察や消防に184を追加して電話しても電話番号は通知にされて特定されます。
非通知にして電話しているからイタズラしようと思っているならば辞めておきましょう。
非通知で電話をかけても警察から折り返し電話が入りますよ。
ちなみに自分の電話機に非通知で着信があった際に警察や消防などに調べてもらっても教えてもらえません。
※警察は事件性があれば動く場合がありますが、それ以外では非通知は調べれません。

184・186まとめ

184 相手の電話に自分の電話番号を「通知しません」(非通知)
186 相手の電話に自分の電話番号を「通知します」(通知)

184(非通知)でかかってきた電話番号を弁護士や警察なら調べることができるのか?

非通知の場合は、電話番号がわからないため、個人ではほとんど何もできることがありません。
しかし、弁護士であれば、非通知でかけてきた電話番号を調べることができ、相手を特定できるのではないか?と考えている人もいるでしょう。
弁護士なら調べることができるのかについて解説します。

非通知を弁護士に調べてもらうメリットとデメリット

メリット 個人で非通知を調べるよりも、特定できる可能性があります。(あくまでも可能性です。)
デメリット 弁護士に依頼すると、相応の費用を支払わなければならなくなります。

 

スポンサーリンク

弁護士なら調べることができる?

非通知でかかってきた電話の電話番号を個人で特定するということは原則不可能です。
何度もかかってくると、不安を感じる人も多いと思いますので、より専門的な知識を持っている弁護士に特定を依頼すれば、調べてもらうことはできるのかが気になります。

 

結論から言えば、弁護士に依頼をしても、調べることは難しいと言えます。
弁護士は、電話番号がわかっている状態であれば、その回線を契約している人の氏名、住所などを調べることが可能ですが、電話番号がわからないと難しいということになります。

探偵や警察なら調べてもらうことはできるのか?

  • 探偵も同じように、電話番号がわからない状態では、特定できません。
  • 警察に依頼をしても、事件性がなければ、調べるのは難しいでしょう。

非通知でかかってきた電話に関する【Q&A】

【Q】 自分で特定することは可能?
【A】 いいえ。個人で特定することは不可能です。
【Q】 弁護士に依頼すれば、特定することは可能?
【A】 弁護士に依頼しても、特定するのは難しいでしょう。
【Q】 探偵、警察なら特定できる?
【A】 探偵、警察に依頼しても特定するのは難しいでしょう。

弁護士に依頼をして特定できる場合とは?

  • 電話番号が特定されている場合です。
  • 特定されている場合には、弁護士会照会制度を利用して、電話会社に対して、情報の開示を求めることができ、相手を特定できる場合があります。
  • ただし、どのような状況でも相手を特定できるのではなく、単純に個人を特定するためだけに行うことはできません。
  • 他人名義、架空名義、身分証がいらないなどで契約されている携帯の場合には、特定ができません。

 

電話番号がわかっていても、相手を特定できる場合と、できない場合があるということです。

弁護士会照会制度について

弁護士会照会制度とは、弁護士法第23条の2という法律に基づいて行われるもので、弁護士会が官公庁や民間企業、団体などに対して、必要な事項の調査や照会を行う制度のことです。
裁判などで、紛争を迅速に解決、公平に行うために、重要なものとなっています。

 

この制度を利用して、相手を特定できる場合がありますが、あくまでも弁護士が裁判などで必要な状況で行うもので、単純に個人を特定するために行うものではありません。
どのような場合でも利用できる制度ではないということです。

着信を拒否するには?

  • 非通知からの電話を拒否することができます。
  • それぞれの電話機から非通知拒否の設定を行うだけで、着信を拒否することが可能です。

184(非通知)を調べることが難しい理由とは?

イタズラ電話、無言電話などが非通知で、スマホや固定電話にかかってきたことがあるという経験がある人は多いでしょう。
誰がかけたのかが、わからないというというのは、とても不安を感じますし、恐怖を覚えると思います。
非通知電話を調べる方法はあるのかについて解説します。

非通知電話を調べることが難しい理由とは?

イタズラ電話、無言電話など非通知の相手を特定するのは難しいと言われています。
その理由は、いくつかあります。

システム上の理由

相手が、184をつけて発信すると、その端末から接続局に電話番号は伝わりますが、それ以降は、回線番号情報が伝わらないと言われています。
そのため、システム上の理由から、かけてきた電話番号を調べるのが難しいとされています。
スポンサーリンク

セキュリティの問題

システム上の理由でも説明したように、接続局しか発信された電話番号は伝わりません。
これを知るためには、その接続局のセキュリティをクリアしなければならないのです。
ハッキングなどを行えば、理論上は情報を入手することができるかもしれませんが、それは立派な犯罪となりますので、相手を特定する前に、自分自身が逮捕されてしまうことでしょう。
不正アクセスなどは絶対に行ってはいけないのです。

個人情報は簡単には教えてくれない

ここまでの解説を読むと、接続局であれば電話番号がわかるので、「接続局に問い合せれば、おしえてくれるのではないか?」と考えるでしょう。
しかし、電話番号は個人情報なので、厳重に管理されており、問い合せて答えてくれるものではありません。
弁護士や警察などが、事件の捜査、裁判などに必要な情報を得るために、情報の開示を求めるということであれば、話は別ですが、個人が問い合せて教えてくれるということはありません。

136を利用するメリットとデメリットとは?

メリット 最後にかかってきた相手の電話番号を知ることができます。
デメリット 非通知設定では、136を利用してもかけてきた人の電話番号はわかりません。
ナンバーお知らせ136に電話したらわかる?

ナンバーお知らせ136は、最後にかかってきた相手の電話番号を音声で知らせてくれるという有料のサービスです。
非通知で着信があった場合には、このサービスで相手の電話番号を特定したいと考えている人が多いと思いますが、このサービスは、相手が非通知でかけていると、特定することはできません。

非通知の相手を調べることについての【Q&A】

【Q】 個人でも調べることはできる?
【A】 現実的には、不可能です。
【Q】 弁護士や警察なら調べられる?
【A】 電話番号がわからない限りは、難しいでしょう。
【Q】 136を使えば、特定できる?
【A】 相手が非通知でかけている場合には、このサービスでは、特定できません。

非通知の着信で相手を調べるための方法とは?

固定電話、スマホ、それから、iPhoneなどの機種、au、docomo、Softbankなどのキャリアを問わずに相手を調べる唯一の方法があります。
それは、非通知からの着信に出ることです。

 

最初に解説したように、個人で調べるのは、困難ですし、弁護士や警察などに相談をしたとしても、電話番号が特定されていない状態では、相手を調べることはできません。

 

唯一の方法は、電話に出るということになります。
電話に出ることで、相手が誰なのか?どのような要件なのか?目的は何か?という情報を確認することができます。
システム、セキュリティ、個人情報の観点から、相手を知るためには、この方法しかないでしょう。
ですが、リスクが高い方法なので、あまりオススメできない方法です。
どうしても、相手を知りたいという場合にのみ使用するのがよいでしょう。

電話に出る場合のリスクについて

  • 個人情報を聞き出される可能性があります。
  • 犯罪や詐欺、不正請求などに巻き込まれるリスクがあるでしょう。
  • 電話に出ることで、何度もかけてくるようになってしまうことがあります。
  • 個人情報などを悪用される可能性も考えられます。

非通知の電話に出る場合の注意点とは?

  • 非通知でかけている時点で、まともな電話ではない可能性が高いことを意識しておきましょう。
  • 自分の住んでいる場所、勤め先、家族構成など自分に関する情報は話さないことが大切です。
  • 相手の情報を確認しておき、要件、目的を聞くのがよいでしょう。
  • 振り込め詐欺などでは、相手が指示をしてくる場合がありますが、相手からの指示は聞かないのが正解です。
  • 1人で電話に出るのが怖いという場合には、家族や友人と一緒に出てみるのもよいでしょう。場合によっては、通話を録音するのもオススメです。

電話に出た後の対処法について

脅迫をされた、不正請求をされた場合
電話の相手に脅迫をされた、あるいは身に覚えのない不正請求をされたという場合には、警察に相談するのが最善の方法です。
脅迫罪は立派な犯罪ですので、自分で対処するのではなく、警察に相談しましょう。

ストーカー被害の場合

非通知でかけてくるのは、色々な場合がありますが、一方的に好意をよせているいわゆるストーカー被害の可能性もあります。
電話に出て、ストーカーであるとわかった場合にも、警察に相談しましょう。
ストーカー被害については、全国的に様々な事件にもなっています。
すぐに、警察に相談することをオススメします

非通知で電話をかけてくる目的とは?

非通知で電話をかけてくる目的は様々です。
正当な理由があり、電話をかけるのであれば、非通知でかけることはないはずですので、非通知の時点で怪しいと考えるのがよいでしょう。
主な目的には、以下のようなものがあります。

 

  • 嫌がらせ
  • 詐欺などの犯罪に利用する目的(例 振り込め詐欺などのように、銀行口座の情報などを確認する目的)
  • イタズラ目的
  • ストーカー目的

正当な理由で電話をかけるのであれば、非通知にする必要はないので、基本的には、電話に出ない、あるいは拒否設定をしておくのがよいでしょう。