携帯電話の種類と呼び方の違い

スマホとiPhoneの違い

 

スマホとiPhoneは似ていますよね。タッチパネルで平らでPCと同じ検索結果でインターネットを利用できます。

 

iPhoneもスマートフォンの一種ですが、一般的に使っている携帯電話の種類を聞かれたらiPhoneはiPhoneと答えると思います

 

Android携帯はそのままスマホもしくはAndroidと言うことが多いです。

 

なぜAndroidはスマホと呼ぶのにiPhoneはiPhoneと呼ぶ理由は憶測ですがiOSのリリース日が2007年6月29日でiPhoneというスマートフォンが誕生して、iPhoneの後の2008年9月23日にAndroidがリリースされました。

 

iOSがリリースされたときにiPhoneと呼ぶ人が多くiOS=iPhoneと認識されてAndroid=スマホと認識されたのかと思います。

 

ちなみにAndroidはOSであってiPhoneは製品名です。

 

iPhoneの中に入っているOSはiOSですが、Android携帯とは言ってもiOS携帯とは呼ぶことは少ないです。

 

そのためiPhoneはiPhoneと呼ぶことが多くAndroid携帯のことはスマホと呼ぶことがありました。

 

時代の変化や人それぞれで呼び方は違うかもしれませんが、スマートフォンやiPhoneが登場した10年以上前はiPhoneはiPhoneでスマホはAndroidというイメージが強かったです。

 

当サイトで解説している説明にスマホとiPhoneという表現が使われていますが、スマホのことはAndroidでiPhoneのことはiPhoneと認識して覚えておいてください。

 

フィーチャーフォンとガラケーの違い

 

フィーチャーフォンはスマートフォンが登場する前に登場した元祖の携帯電話です。フィーチャーフォンとガラケーの違いは呼び方の違いです。呼び方が違うだけで意味は同じになります。

 

当サイトで解説している説明でフィーチャーフォンと言っていますが、ガラケーとも認識していただいてOKです。フィーチャーフォンとガラケーは同じ意味なので使い方も全く同じです。

 

携帯電話にはいろいろな種類があって呼び方も違って覚えるのが少しややこしいですが、理解しておくと今後も役に立ちます。

 

まとめ

  • iPhone = iPhone
  • Android = スマホ
  • フィーチャーフォン = 元祖携帯電話
  • ガラケー = 元祖携帯電話

iPhoneのことは普通にiPhoneと呼んで
Androidのことはスマホと呼びます。

 

フィーチャーフォンとガラケーは呼び方は違うけど「元祖携帯電話」のことです。
昔「まめぞう」という携帯ありましたよね。あのような元祖携帯電話のことを「フィーチャーフォン」や「ガラケー」と呼びます。

 

スポンサーリンク